PUA NANI☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 羊水検査

<<   作成日時 : 2005/04/05 11:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

ちょうど去年の今頃、羊水検査の結果を聞いた事を昨日のことのように覚えています。羊水検査とは長い注射針を子宮まで刺して羊水を抜き、染色体の異常を調べる検査で、染色体異常の可能性が高くなる高齢出産の場合検査を勧められることがあります。

あたしの年齢(その時25歳)で検査を受ける人はほとんどいませんが、4ヶ月のとき胎児の首の後ろの浮腫みが正常幅(3.5mm)を少し超えていたので(3.7mm)、悩んだ末に兵庫医科大学の遺伝外来で話を聞いてから羊水検査をしました。今考えたら0.2mmなんて誤差の範囲だと思うけど、その時は0.2mmがとてつもなく長い距離に感じられました。(その後ネットでいろいろ調べていると正常幅は3mmらしい?)100%安全な検査ではなくお値段も高いけど、少しでも安心できたら、という思いでした。

検査自体は短時間で麻酔なしです。針が子宮に刺さる時ちょっと痛かったかな。ちなみに羊水は黄色っぽかったです。検査後は30分ぐらい安静にしてから胎児の状態をエコーで調べておしまい。一週間ぐらい張り止めのお薬を飲みました。結果が出るのに1ヶ月かかります。

妊娠って終始穏やかに進むものだと思っていたので、「染色体異常の可能性があります」と言われた時、頭が真っ白になって、どうやって家に帰ったかも覚えていません。こういう時人って「あの時こうだったから」というように自分自身を責める。あたし自身もそうで、たくさん泣いたしたくさん自分を責めました。検査の結果、もし異常があったら・・・産むのか?堕ろすのか?お腹の赤ちゃんの生きる権利をあたしが決めていいのか?毎日毎日同じことでずっと悩んでいました。

検査結果を聞く時、心臓の音がうるさかった。「検査の結果、染色体異常は見られませんでした。元気な赤ちゃんを出産してくださいね」という言葉を今でも鮮明に覚えてる。先生の顔は全く覚えてないのに。なんとなく、この日親になる覚悟、というか実感が湧いた気がする。

自分が羊水検査を受ける時、ネットで検索しても検査の概要がたくさん出てくるだけであまり体験談ってなかった。もしこれから羊水検査を受ける人がいるなら、すこしでもあたしのこの体験が参考になればいいなと思います。

なんとなく今まで羊水検査を受けたことはあんまり周りの人に話してこなかった。きっと不愉快な思いをする方がいるんじゃないかと思って。でもこのブログを始めた時、一番書きたいと思ったのはこの羊水検査の話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
羊水検査のことが良くわかって興味もって読みました。今月30日に兵庫医科大で受ける予定です。
nishi
2005/08/25 18:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
羊水検査 PUA NANI☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる