PUA NANI☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋を感じるスイーツ

<<   作成日時 : 2006/09/14 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日のメイン、『igrek+』の多田シェフの講習会に今回も参加してきました。

講習会前に、憧れのユキちゃんを発見!おずおずと話しかけてみたのですが、本当に気さくな方で、いっぱいおしゃべりして頂いちゃいました!うれしい〜☆

そして今日のメニューはサソンロートンヌ、というフランス語で「秋を感じる」という名前のケーキ。アングレーズベースのマロンとショコラの2つのムースを重ねて、底にはショコラビスキュイ。

先週の講習会でもビックリした麦茶が、今回はショコラのムースに入っています。同じような組み合わせのケーキをお店でも新作として出してらっしゃるんだけど、少し作り方が違うそう。そりゃそうよね。

今回使われたのはレリーフマットという新製品。これを使うと表面に模様が浮き出る、というもの。模様が細いので焼き菓子よりはムースなどリキッド状の物を流すと綺麗に模様が出るそう。ふぅん。

最初に焼いたショコラビスキュイは粉を入れずに、さらにココアではなくショコラが入っているため少しモロい食感に仕上がってます。ダックワーズに近い感じかなぁ。口に入れると食べてる間にスーッと消える。いつも思うけど、シェフいとも簡単に生地を型に伸ばしてる。あたしがすると何度触っても平らにならなくってキィーってなるんだけど^_^;
画像

次にマロンムース。今回はこちらも新製品のマロンピューレを使って。よくあるパート・ド・マロンやクレーム・オ・マロンと違って、本当に栗そのもののお味。加糖もしていないの。それだけ頂くと贅沢なマロンシャーベットみたいです。缶詰より繊維も少ないらしい。このマロンピューレを牛乳に入れてアングレーズのように炊いてマロンムースに仕上げます。


画像
レリーフマットの模様がちゃんと浮き出るように、ほんの少量ムースを流し込んだあと、ゴムベラで模様をなぞるようにしてムースを模様に流し入れます。

画像
生クリームと牛乳に麦茶パウダーを入れ、香りを移しています。香りが移ればアングレーズを炊き、ショコラと合わせたムースにしてマロンムースの上に流し入れて、そこに砕いたマロンエトフェを散りばめて食感に違いを出し、最後にビスキュイで蓋をします。

画像
レリーフマットを外すと綺麗な模様がちゃんと浮き上がってました。ピストレで仕上げるのが一番見栄えがいいそうだけど、家庭で作るのを前提に、ということで粉糖・抹茶・ココアパウダーを表面に振って仕上げ。何度も振ることで奥行きが出るように見えるんだそう。


今回の試食はみんなの希望で大きめにカットして頂きました。ホールのマロンエトフェと金箔を飾って完成!
画像
売り物みたいやわ・・・。ショコラとマロンの組み合わせってあたし大好き♪お味も美味しかったです。

そして今回のディスプレイ。毎度のことながらとっても素敵です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋を感じるスイーツ PUA NANI☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる