PUA NANI☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 出産の瞬間のお話

<<   作成日時 : 2005/04/29 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

陣痛のお話はちょっと前に書いたので(→コチラ )、今回はその後の出産のお話です。

子宮口全開になってからは、今まで我慢し続けたいきみを思いっきりしていいと言うので嬉しかったです(*^_^*) お尻のほうに力を入れていきむんだけど、最初は力が違う方向へ行ってたみたい。「自分の足を持っていきむといいですよ」と教えてもらってからはとっても上手く力が入ります。陣痛室で何度かいきんで、赤ちゃんの頭が子宮口を広げて出てこようとするのが分かりました。おぉぉー。

まだ陣痛はあるんだけど、全然感じない。やっと分娩室に行ける!という感動でちょっとハイな気分です。夜中に産院に着たのに、もう明るくって6時半でした。頑張って陣痛に耐えたあたしを褒めてあげたいっ(笑) 陣痛が休みのあいだに分娩台にヒラリと飛び乗り、足カバーをしていざというときの血管確保。あとは陣痛に合わせて思いっきりいきむだけなんだけど、ついつい人間っていきむ時に息を止めちゃうんですよね。頑張りすぎて赤ちゃんに酸素が行かず心音が落ちてきたので酸素吸入もしました。でもどんどん下に降りてくるのが分かる。面白ーい(*_*)

分娩台でいきむこと7回ぐらい。出口付近の皮膚がピーンと伸びるのが分かる。普通はここで会陰切開をするんですが、伸びがよかったのでしませんでした。ここでやっと立会い準備を終えた旦那さんが登場。助産師さんが「呼吸をハッハッハッと短く!」と言われてもう頭が出てるんだーと結構冷静だったかも。

その次の瞬間をあたしは一生忘れない。ずるりっという感触と共に「出したっ」と思った。「ぎゃー」という産声と「頑張ったね」という旦那さんの声と「おめでとう」という助産師さん達の声。軽く拭いてからあたしのお腹の上に乗せてもらったとき、しっかり見なきゃと思いつつも涙で前が見えない。号泣しました。

2004年8月26日 午前6時49分。3285gの元気な男の子、りょうの誕生でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出産の瞬間のお話 PUA NANI☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる